パソコン資格の種類や性質に関する説明 - パソコン資格の種類や性質に関する説明

パソコン資格の種類や性質に関する説明

subpage01

パソコン資格とは、パソコンを使用して行なう技能や能力の証明書のことです。
就職時にどの程度の技量があるかを客観的に証明するためや、企業内で業務を行なう際の適正の目安としとて利用されています。


パソコン資格の区分は事務系と情報技術系の種類があり、民間企業が制定したものと国が制定したものがあります。いずれの場合も業務独占ではないので、取得していなくても該当する仕事に就くことは可能です。

最近のパソコン資格のサイトが登場しました。

事務系の種類はワープロや表計算、会計関係のソフトや簡易データーベースなどの能力を判定する種類が多いのが特徴です。

民間資格の占める比率が高く、事務関係の職員が業務を行なう際の能力の証明として利用されることが多いです。

種類にもよりますが取得の難易度は比較的低く、受験条件などもそれほど厳しくはないです。
情報技術系の種類は、プログラムやCADなど専門的な技術関係の種類が多いのが特徴です。



民間関係の種類もありますが、インフラ関係の企業や公共事業などの業務を行なう企業が取得を推奨することが多いため、国家が制定した種類のものが重視される傾向があります。
取得難易度はかなり高い傾向があり、受験条件も職務経験年数等を条件指定している場合等もあります。パソコン資格を仕事に役立たせるには、利用目的や活用先を事前にきちんと把握しておく事が必要です。



そうしないとせっかく取得しても活用する場がなかったり、正当な評価を受けることが困難になることがあります。

利用先や活用方法の情報は、企業の業務内容や資格の募集要項などで確認する事が出来ます。