Excel講座は世界標準です

subpage01

根強い人気の女子大の就職といえば、秘書や広報部門への就職が思い浮かびますが、最近はガテン系や研究機関への就職も増えています。しかし、今でも就職の主力は事務職です。

その就職に、少しでも有利になるように、女子大は、すぐに会社で使える技能をマスターできる講座を用意しています。
その中でも、Excel講座の人気が高く、多くの女子大生が受講しています。今や、車の運転免許と同レベルでパソコンの操作能力が要求されます。

実際に、社内業務の大半がマイクロソフトのビジネスソフトで処理されます。
とくに、Excelはそのなかでも、使用頻度が圧倒的に高く、その操作能力が高ければ高いほど、就職に際しては有利に働きます。

Excelの講座についての意見を伺いました。

大学の講座も、履修の最終目標としてMOSの取得を設定している女子大が多くあります。



MOSはマイクロソフト社が主催するオフイスソフトの操作能力を認定する試験です。

MOSを取得すれば、履歴書の資格欄に書き込めます。
ところが、Excelは使用できる範囲が広く、体系だった勉強をしなければ、偏った知識になったり、自分の資料以外は操作ができず、まったく応用ができないケースも発生します。

大学の講座の目標と同じように、Excelの操作能力が、実社会ですぐに使えるレベルになるためには、講座を受講し、全課程を修了することが近道です。



修了すれば、MOSが取得できるだけの操作能力は備わります。Excelは、海外との商取引でも添付書類として使用される、世界標準のビジネスソフトです。